最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 京都金杯の回顧 | トップページ | フェアリー賞とシンザン記念の反省 »

シンザン記念を占う

まずは過去の傾向から

Photo_2

3-3の部分が注目
ラスト3Fとその直前3Fとのタイム差。ここがマイナス(ラスト3Fの方が時計を要した)ケースは2001年と2008年馬場もあんまり良くなかった+ Hペース のレース。昨年は平均ラップを刻んでいます。
他はスロー。基本的にはスローになりやすい傾向がありそうです。

レースレイアウトとのマッチング

スタートし2F(8F,7F)が平坦で後は上り、残り800mから下りとなります。

上記表で5F→4Fなのですが、レイアウト通り加速している例が皆無ではありますが、12秒ちょっと → 12秒ちょっとなっています。

中盤緩まないも、残り3F勝負になりやすい傾向がメインですが、スローに落ちやすいような感じもします。

スプリントで逃げていた馬が複数いないと平均的なペースかややスローと思っていた方が良いのかも。

<展開>

 シゲルソウサイが単騎逃げか?朝日FSでは先手奪えず2番手。直線でずるずる後退している。気性的に逃げたいタイプで朝日FSではスタートあとしばらく口を割っていた。
今回ほかにいないメンバーなのですんなりいきそう。
 中盤あまり緩まないペースで推移しそう。

 ある程度展開が速いレースで、上がりもしっかりまとめられるタイプがよさそう。

1 オルフェーヴル
 スロー向きで距離ももうちょっと合った方がよいか

2 ワイズリー
 前走Hペース 時計自体は優秀。展開向いたのかそれとも力が抜けてたか?
 超スロー1200→Hペース1400なので力はありそう。

3 マーベラスカイザー
 京都2歳Sの価値がいまいち不明
 小回りが良かったのか?であれば今回は不要か

4 マルセリーナ
 超スロー新馬戦。適正どうか?

5 アドマイヤサガス
 スローなレースの経験がなく、厳しいペースのみ経験。
 前走は不利あって度外視してもよく(不利なければ上位にきてもおかしくない手ごたえ)
 自力は上と見た方がよさそう

6 トキノゲンジ
 スプリント前崩れが向いてそうです

7 シゲルソウサイ
 逃げか 前半引っかかり気味に行くのでペースはスローにならなそう

8 レッドデイヴィス
 残り2Fでぴゅっといく感じか?
 千両賞のような感じだとつらい

9 ヒカリトリトン
 現状では?

10 ギリギリヒーロー
 この馬名は・・・w
 スロー小回り向き

11 ドリームバロン
 距離短いほうがよいのかも
 
12 ドナウブルー
 京都1600での展開が両極端を経験
  37.9 →34.2 3.7
  35.5 →35.7 -0.2
  ラスト6Fを半分に分割
 どちらも内回り
 基本的にスピードが上位か。
 人気なので何とか粗さがししたいが完成度はやはり上

13 シャイニーホーク
 新馬は除いてHペースを経験。結構強そうです。

14 ツルマルレオン
 切れより持続の感じです。前走はHペースを中団から差し切り。0.7秒差付けており
 厳しいペースが向きそう。
 
15 シゲルシャチョウ
 適正どこにあるかつかめないタイプ。切れ味はいまいちなのかも知れません。  

16 ヴィジャイ
 今はスローの方が良さそうです。
 
 
 ドナウ、アドマイヤ、シャイニー、ツルマル、ワイズリーの5頭
  ◎アドマイヤサガス
  ○ドナウ
  ▲シャイニー
  △ツルマル、ワイズリー
  
 とあんまりおもしろくないですね 

  ちょっと捻って

 スロー&Hペースを両方経験して、どちらも連帯したのがやっぱり ↑ に

 勝ったのが・・・ ドナウ、ワイズリー  1&2着がアドマイヤ

 なので

 ◎ドナウ ○ワイズリー としてみます

 

« 京都金杯の回顧 | トップページ | フェアリー賞とシンザン記念の反省 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

このレースは堅く収まりそうですね。
それでも、万馬券を今年も狙い続けます・・・

穴は、先行でき、内通れそうな末脚のしっかりした馬にしてみました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/50531584

この記事へのトラックバック一覧です: シンザン記念を占う:

« 京都金杯の回顧 | トップページ | フェアリー賞とシンザン記念の反省 »