« シンザン記念を占う | トップページ | ニューイヤーS とフェアリーSを簡単に »

フェアリー賞とシンザン記念の反省

シンザン記念は全然だめでした。

何故? あの3頭の組み合わせになるのかが、理解に非常に苦しみます。ラップで無理やり共通部分がないか探してみました・・・・

すると

Sinzan

なんのこっちゃというと・・・
  ①残り4Fで、最も早いラップ計測区間を求める。
  ②その前の区間との差を求める

上位3頭はいずれも、1秒以上 すなわち1秒ラップを加速するのに200mのみ必要のレースで好成績を収めている馬がいずれも上位。この観点でいえば ドナウブルーの前走最終ラップは素晴らしいですが、400m使って加速した最高速度となります。

すなわち、一瞬の脚があり かつ それが速いということになるのかも

フェアリー賞をまとめてみると

Flower_2

いくらなんでも最速ラップが12秒台近いのは対象外とすると

◎コンプリート ○マイネルディール ▲ビービーバカラ

となります・・・・ これでいいのだろうか・・・・

« シンザン記念を占う | トップページ | ニューイヤーS とフェアリーSを簡単に »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/50541330

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリー賞とシンザン記念の反省:

« シンザン記念を占う | トップページ | ニューイヤーS とフェアリーSを簡単に »

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ