最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

中山記念予想

本日も出勤・・・・ いつになったら安らぐのであろうか・・・

いつでも余裕をもって競馬できますように(すべての環境において) 祈

中山記念の線形と予想です。

各馬は1-3着したときの直近のものです。

レース名とうはUPに時間がかかりすぎるので今回はやめました

ではどうぞ

「nakakinen.pdf」をダウンロード

危険馬は・・・・

フェブラリー等々

本日もこれから出勤

資料作成で予想もままならずです。仕事はいいから当たってほしいw

フェブラリーはマイルダート実績少ない馬が多いですね。

東京ダートマイルは相当特殊と思うのですが。どうでるでしょうか

ダイヤモンドの簡単な回顧

「dia-af.pdf」をダウンロード

それとフェブラリーの妄想

「feb.pdf」をダウンロード

をどうぞ。(当たる気は正直しませんw)

ああーTV見れません

今週の重賞線形

はあ~

やむを得ず仕事が忙しくなってきました。かなり空しい忙しさで(愚痴)萎えてますw

先週の重賞は色々と示唆に富んでいて今後のモデルとしたいことも多くありましたので後日じっくり振り返ってみたいです。共同通信はスローでのよいモデルとなりそうです。(いい線いってったんですが難しいですね)

今週の重賞線形をどうぞ。

「dia.pdf」をダウンロード

フェブラリーは波乱・・・・になりそうと思ってますが・・・

共同通信杯・京都記念の予想

人気決着になりそうです。

共同通信杯は白帽に期待

共同通信杯

「20110213kyodo.pdf」をダウンロード

京都記念

「20110213kyoto.pdf」をダウンロード

クイーンC 回顧など

ある意味線形とおりに決まったのですが、危惧してたダンスを消し切れず。アプローチはまずまずも使いこなせてないような気がします。

明日は馬場が難しいですね。

では 本日の回顧

「20110212qween.pdf」をダウンロード

クイーンCの予想

雪の影響がどうでるか? ですので明日はある程度レース見ないとなんとも言えませんね。

逃げもそれなりにいるレース。Hペースもありうるメンバーなんですが過去の傾向みるとHペースはほとんどありません。ある程度決め打ちしてみます。

ではどうぞ 

「20110212.pdf」をダウンロード

週末の重賞 クイーンC 京都記念 共同通信 の線形

週末の重賞 過去の傾向をまとめてみました。

150%くらいで見て下さいませ

「2011021112.pdf」をダウンロード

小倉大賞典  回顧

ほぼ予想とおりでした。

レース予想含めまとめてみましたので、よろしければどうぞ

「20110205kokura.pdf」をダウンロード

125%くらいで見るのが良いかもです

きさらぎ 東京新聞 重賞予想

小倉大賞典は、ほぼズバリ! でした・・・・・ が バトルは3着付けでした・・・・ バトルがもうちょっと遠慮してくれれば。

予想方法はなかなか行けそうでしたので、明日の重賞を同じように占ってみました。

例によって各馬の線形は1-3着時のものです。

きさらず賞

「kisaragi.pdf」をダウンロード

東京新聞杯

「tk-news.pdf」をダウンロード

当たりますように

小倉大賞典の予想

小倉の予想をしてみました

各馬は1-3着の直近7走くらいをラップ線形としてます。

アップロードがうまくいかないのでPDFとしてみました。

著作権等はすべて私に帰属します。(と胸を張れる結果だとよいのですが)

 

「kura.pdf」をダウンロード   こっちでどうぞ

サンライズマックスではなくベガでしたw

京都牝馬回顧  ラップ線形という概念

 京都牝馬Sは ショウリュウ→ヒカル→サンク △→◎→ぬけ という感じでした。今回は過去のレースラップを折れ線グラフにして、類似実績をあるタイプを抽出。意外と使えるかも? という感じでしたのでしばらく続けてみたいと思います。

 では過去レースのラップを 折れ線グラフにしてみます。

0130kyoto

なんのこっちゃという感じもしますので、2011年のラップだけとすると

20110113kyoto
横軸のF部がちょっと違いますね・・・EXCEL使いずらい・・・

過去のレースも馬場状態などで変わってきますが、おおむね京都マイルは上にあるようなラップ線形をとっているようです。

スタート後 11秒程度まで早くなり、徐々に落ち着くも(2F程度)坂で一気にに加速。
一気に加速は京都外では非常に多いのですが、他に大きなポイントとしては、緩む区間が少ないということにあるのではないでしょうか。線形の頂点が1か所のみ。

今回の出走馬 3着以内でのレースでどういう線形を描いているか検証してみます。

続きを読む "京都牝馬回顧  ラップ線形という概念" »

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »