最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« オーシャンSなどなど | トップページ | アネモネS と先週回顧(祝) »

中日新聞杯などなど

チューリップ賞は
 ○→▲→◎
ですばり!のはずでしたが・・・・3単は◎1,2着しか買ってませんでした・・
3複は一応ありましたが何せ配当が・・・勝負弱い。ああ

それにしてもハナズゴールは強かったですねえ。前走は超スローの中で強烈でした。(それでもジョワドの新馬のほうが強いと思ってましたが)
但し非常に小柄な馬で2番が効くかどうかですね。
同じ問題はジョワドも同様。今回は+体重ででてきましたので余裕残しであれば次は楽しみ。ジェンティルドンナは中間休んで馬体重マイナスはちょっと懸念です。460kgあるので追い切り本数に注目でしょうか。
阪神は外が伸びる馬場になってますね。

中山メインを反省すると
11.9-10.4-11.1-11.4-11.6-12.8 オーシャンS
12.0-11.0-11.1-11.0-11.3-11.9 シルクロードS

の流れ。レースタイムは1.09.2でしたのでスプリンターSや昨年のオーシャンSに比べ2秒程度かかっているようです。
前々にいたカレンチャン、エーシンダックマンはよく残ったと言えそうです。

5枠から内にいた差し馬で洋芝実績と不良馬場実績ある馬を選ぶと3連単200万に近付けたのかも知れません。ちなみに カレンチャンからワンカラット、グランプリエンゼルへの流し と 差し差しをカレンチャンが連れてくるとしてベイリングとツルマルを買ってったんですがw まあ手が届かない縦目でしたwベイリングとは相性悪いなー
オーシャンから弥生へ活かすとすれば、
 ペースUPで逃げ・先行全滅はあり得るが3コーナで内にいるタイプが有力。
 スローであれば前が絶対優位でありそうです。

まずは弥生賞の線形

Yayoi
3歳春の前哨戦は何故か過去のラップをなぞるケースが非常に多いです。(昨日のチューリップも同様)毎年それなりに逃げ馬が出ているはずでもっとバラエティに富んでも良さそうなのですが。京成杯についても同様でこちらは不思議としまったペースになりますね。

 ということでスロー、残り3Fでの瞬発力勝負は例年と変わらずとして、一瞬の切れが重要なレースとみます。明日は内側から乾くとして、前そして内枠優位。

 弥生賞
1メイショウカドマツ
 瞬発力はやや分が悪い。逃げ候補。2日続けて藤岡どんぶりになるか?
 前走は平均ペース。

2トリップ
 スローで切れ味まずまず。内枠はいいですね。ラジオ日経杯で切れ負けしてるところがどうか?

3タイセイスティング
 ダート馬ここでは?

4アーデンド
 京成杯は大外で先に動いたレースでしたのでここで内枠はいいのでないでしょうか
 スローでの切れ味は相当ありそう。

5コスモオオゾラ
 共同通信では切れ負けしましたが、中山2000なら面白いです。(相手も相手でした)一瞬しか切れないタイプでここは合いそう。

6セトブリッジ
 ちょっと足りないか?

7アーカイブ
 こちらもちょっと足りなさそう。

8フェノーメノ
 中山で負けて東京で巻き返しはどうですかねえ。ラップをみると前3レースとも同じような形。中山合わないのでは?

9ソルレヴァンテ
 逃げ。ちょっと切れが足りなさそう

10ジョングルール
 切れはありそう。メイショウカドマツに負けてます。ちょっと人気しすぎ。距離短縮がどうでるか?

11ブリスアウト
 前走逃げ。スローでの切れはありそう。北村だけに内ぴったり来そうですね。

12アダムスピーク
 スローでの切れでゴールドシップを抑え込んでますので実績上位。ただしこの枠は微妙です。いい位置がとれない恐れ大。

13クラレント
 切れより距離短いところでのスピード勝負があってそう。

14サイレントサタデー
 どスローで連勝中。もっと人気でてもよさそうですが。外枠なのはちょっと厳しいですね。

15エキストランド
 切れ味はちょっと厳しいか?
 
ということでまとめると内枠で前にいてある程度切れる足

 ◎コスモオオゾラ
 ○アーデント
 ▲トリップ
 △アダムスピーク
 △ブリスアウト

中日新聞杯

まずは土曜の芝レースの線形

Chyukuo
2000以上のレースではスローばっかりでした。手さぐりで乗っている感じもします。ただし従来のローカルの線形ではなく、阪神、府中、京都でよくみられる形になっております。下りの影響もあってレースが動き出すのが早い、が直線長く坂もある。このためラストを考えてのレースが多かったようです。逆を考えると 逃げが決まりにくいレース。道中息が抜けないと後ろからが目立ちそうなレイアウトではないかと想像しております。

展開を考えるとHペースメーカ シンメイフジに逃げたいエーシンジーラインもいるレース。展開は早めと決め打ちします。

前走上りが出走中1位が2頭おり、これを本命対抗で。

◎ダンツホウテイ 吉田兄  

○メイショウカンパク 吉田弟

▲スマートステージ、△コスモとダノンの2頭。

吉田どんぶりで!

 

 

« オーシャンSなどなど | トップページ | アネモネS と先週回顧(祝) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/54134405

この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞杯などなど:

« オーシャンSなどなど | トップページ | アネモネS と先週回顧(祝) »