« セントウルS | トップページ | 中日新聞杯などなど »

オーシャンSなどなど

ずいぶん久々の更新になってしまいました。

前回がセントウルSあたり。ちょうどこのころからバタバタしてしまって・・・年末に転勤しました。雪すごいですね・・北海道は・・・

 さて今開催から中京が新装開店。レイアウト的にはミニ東京の感じがしますがどうなるでしょうか? 下って~坂からすると中山ちっくな感じもしますが。まずは土曜じっくりみてでしょうか。

 

 とりあえず土曜は中山11Rを勝負で。

 25日10R アクアマリンS

  12.2-10.9-11.5-11.8-12.1-12.9  1.11.4

 レース上りが36.8と相当掛ってます。

 

 上位3頭は4,5,6枠でしたので、内悪いのかな?と思ってたのですが・・・翌日は先行・ 内枠祭りとなってましたね。アクアマリンでも先行組は5-8着でしたのでそれなりに残っているようです。であれば

 

 ①不良~重の場合 上りがおもっきり掛る馬場

  →前半34秒前後であればHペースに近い

  →35秒~36秒の上り

 

 ②メンバー構成による内外

  →逃げ・先行がそろったら内があかない。

  →5,6番手につけれる馬が優位

 

 でしょうか。

 

 

 

 

 

 

①ジョーカプチーノ

 内博怖いですねえ~。不良オーシャンで最内突っ込んできたときありましたね。復調気味ですが、上りが思いっきり掛るレースはあんまり実績はありません。重い馬場はちょっとどうでしょう。

②ワンカラット

 54kgは魅力的。洋芝と阪神で実績ありますので重い馬場は苦にしないと思います。いいんじゃないでしょうか。540kgもあるんですね・・w

③ダッシャーゴーゴ 

 56kgですか・・・ 実績的にはスピード馬場での対応が抜けてます。昨年勝ち馬ですが7秒台の高速馬場。ダートもこなすのでパワーはないとは思えませんが・・・さてどうでしょう。

④ツルマルレオン

 上りが掛ったほうが良さそうです。でも何故後藤?シルクでは買ってました

⑤ブルーミングバー

 ここにきて充実してますね。ワンカラットと同じファルブラブ産駒。中山芝1200は鬼。

⑥ベイリングボーイ 

 外差し一辺倒のため展開助け必要そう。重賞では割引。(菊花賞で◎はないしょ)ペース崩れると一気に突っ込んでくるので要注意ですが・・・

⑦スペシャルハート

 クラス上がって先行できてないようです。ここではどうでしょう。

⑧ダイワナイト 

 上りの掛る馬場は得意。逃げたほうが良さそうです。

⑨グランプリエンゼル 

 不良のオパールSでのぶっちぎり記憶に残ってるのですが・・・シルクでは外先行して5着(買ってました)ですので案外悪くないです。

⑩エーシンヴァーゴウ

 前走は包まれて掛ってましたね。それにしてもエーシンダックマン通った後でしたが大敗でした。ファルブラブ産がここにも。

⑪フレンチカクタス

 スプリントは2戦目ですので適性がどうかはまだ分かりません。*タイキシャトルだし・・上りの掛るレースはマイルあたりまででは得意。前走はスピード馬場でダックマンについていったので8着。面白そうですねえ

⑫アポロフェニックス

 近年の傾向では時計の早い馬場が良さそう。調教動いてここが叩き2戦目なので怖いと言えば怖いです。(いっつも人気しない馬ですしね)

⑬カレンチャン

 スプリント女王ここから。56kgは斤量改正の恩恵受けてますね。調教も別次元で動きまくってます。ここからして重い馬場は得意そう。

⑭エーシンダックマン

 逃げが板につきました。基本的に平坦向きですが、馬場や展開むけば残りそう。

⑮シャウトライン

 重賞ではちょっと足りないようです。角田厩舎。

⑯アイルラヴァアゲイン

 アストンマーチャンのときのスプリンターSで3着ありました。大外と久々は苦しいか?

 さて展開。逃げはエーシンダックマンですが、前々走でダイワも柴田大で逃げあり。この2頭になりそうです。中山1200はレイアウトとしてスター後下りのためそれなりに時計は早くなりそう。ダックマンが外引いたため33秒後半くらいまでは早くなりそうです。外および後ろからは不利。

 

 ここで考えるのが2通り。ダックマンが33秒中くらいのペースであれば馬場を考えるとHペースで付き合った先行勢が全滅の恐れ。

 浮上してくるのが カレンチャン、ツルマルレオン、ベイリングボーイ

 そうではなくある程度前にいないとだめよ ということであれば

 ジョーカプチーノ、ワンカラット、ダッシャー、ブルーミング、グランプリエンゼル、フレンチカクタスとカレンチャン。

 

 馬場を考えると内優位ですが先週のアクアマリンと同じように1200だとごちゃつく内よりは中で先行できる面々を有力視して

 ◎カレンチャン

 ○フレンチカクタス 

 ▲グランプリエンゼル 

 △ワンカラット、ブルーミンバー

さてチューリップ賞

Chu

久々にラップ線形を。中盤緩んで瞬発力勝負が基本といえそう。

ラスト2F前で11秒切る切らない瞬発力が必要そうで

 1、5、10、12、13、14が対象。

逃げるのは前走1200と久々使ったフクノハツヒメ、スローでの切れ味勝負とみて

 

 ◎ジョワドヴィーヴル

 ○ハナズゴール

 ▲エピセアローム

 △ジェンティルドンナ、ゴールデンムーン、フクノハツヒメ

ジェンティルは中間ひと頓挫あったので下げ。かなり怪しいですが、前走スローの東京1400でキレまくったハナズゴールを相手に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« セントウルS | トップページ | 中日新聞杯などなど »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/54126383

この記事へのトラックバック一覧です: オーシャンSなどなど:

« セントウルS | トップページ | 中日新聞杯などなど »

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ