« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

天皇賞を軽く

山吹賞はレベル高かったのですねー うーむ。

明日は天皇賞ですが オルフェーブルの復権なるかいなや。

力からすると オルフェ → ウィン → ギュスター、ヒルノなんでしょうけど紐荒れとしてトウカイパラダイスを期待しています。

あといつも忘れてはいけないが 有力1,2人気が差しのときの逃げ。今回2頭でゴールデンとケイアイ。うすーく勝っておきます。

スイートピーは

ダイワ、マンハッタン、サトノで食い込むとしたらモエレと見ています。

青葉賞などなど

フローラSはダイワデッセーが3着でちょっとした波乱となりました。こういうタイプを拾わないといけないですが
これを察知するにはどうしたらいいか? ちょっと考えてみました。

フローラSのラップです。
12.9-11.8-12.0-12.5-12.9-13.1-12.7-11.4-11.2-11.5

じゃ分かりませんので

12.9-11.8-12.0-12.5-12.9-13.1-12.7 = 86.1 → 86.1/7x3=37.7 
11.4-11.2-11.5            = 34.1

としてみます。要は上がり3Fとそれ以外

 37.7-34.1=4.6 ということですので平均と上がり(レース)にて4秒加速したということになります。
 *距離が延びれば延びるほど前半時計が掛るので仮想数値でしかありません。
 
何故このまわりくどいことにしたかと言えば、各馬では走破タイムと上がりしか発表されていません。

ではダイワデッセーのフローラSでは

 38.0-33.4= 4.6 の数値となっています。

このダイワデッセーの戦歴を同じように調べてみると

梅花賞 阪神2400 6着 レース 37.6-35.2=2.4 自身 37.6-37.7=-0.1 
ホープ 中山2000 10着   37.0-35.0=2.0 自身 37.1-35.3=1.8 
未勝利 阪神2000 1着    38.5-35.0=3.5 自身 38.6-34.9=3.7
となっています。10着に敗れたレースについても自身はレースラップに追随しており着差ほど差がありません。
阪神2000のようにスローで先行したレースで高い特性を示しています。

今回では前半と上がりで自身3秒以上差があって、馬券になったタイプは
ターフデライト   東京芝1400
ゴールデンナンバー 東京芝1600
ラスヴェンチュラス 中山東京芝2000
ミッドサマーフェア 東京芝1800
チャーチクワイヤ  東京芝1400
ウイングドウィール 東京芝1600
アイスフォーリス  東京芝2000
アンアヴェンジド  中山芝2000 上がり35.8

の8頭。ミッドサマーフェアについては常にレースラップとの差が大きく別格でしたが
近い距離での結果がでています。アンアベジンドについては上がりそのものが掛りすぎ。
1400組を軽視すると的中にぐっと近づいていきますね。

超スローが予想されるレースでないとかなり怪しいのですが・・・・

ちなみに天皇賞オルフェーブルではどうだったか
阪神    芝  3000 阪大賞  38.63   37.30   1.33    38.80   36.70   2.10  
中山    芝内2500 有馬記  38.53   34.00   4.53    38.75   33.30   5.45
京都    芝外3000 菊花賞  36.93   35.10   1.83    37.05   34.60   2.45
阪神    芝外2400 神戸新  38.23   33.60   4.63    38.50   32.80   5.70
東京    芝  2400 東京優  38.00   36.50   1.50    38.57   34.80   3.77
東京    芝  2000 皐月賞  36.56   35.30   1.26    37.03   34.20   2.83
阪神    芝外1800 スプS  35.80   34.80   1.00    36.05   34.30   1.75
京都    芝外1800 きさら  36.10   35.40   0.70    37.30   33.20   4.10 
京都    芝外1600 シンザ  35.28   35.20   0.08    36.42   33.50   2.92

きさらぎ賞は3着。こちらは大逃げがいたのですがレースラップとの差が凄いですね。
シンザン記念あたりから覚醒しつつありでその後は安定。
例の阪神大賞典はそういえば途中逃げてましたよね・・・・でこのラップ差。
よーく見ると 有馬と阪神大賞典の前半の数値が大差ありませんね。
まあ、何度リプレイ見てもオルフェーブルは凄いですね・・・一度使ったので本番は
大丈夫とは思いますが。

続きを読む "青葉賞などなど" »

フローラSなどなど

なんとか天候がもちそうな東京ですねえ

フラワーC

内優位ぽい東京。最終トライアルで牝馬ですと折り合い重視スローになりそう。スロー決め打ちしてしまうと

 

 ◎ターフデライト

 ○ラスベンチュラス

 ▲ミッドサマーフェア

 △チャーチクワイヤ、チェリーメドゥーサ

で。内で先行が良さそうですね。 チェリーは切れ相当ありそうなのですがまたも大外。

マイラーズ杯

 シルポートとリーチの逃げでそれなりに展開が早くなりそう。といっても馬鹿逃げまであるかな~?あるとすればリーチのほうか?

 内と中優位の京都。後方からは届かずとみて

◎コスモセンサー

○レッドデイビス

▲リアルインパクト

△トーセンレーブ

 で。コスモの充実ぶりに期待。

福島中央

 逃げ揃って差し差し差しを希望して

◎アイスカービング

○フリーアズアバード

▲メイショウバレーヌ

△テンエイエスプリ

福島牝馬Sなどなど

皐月賞はさっぱりでした~ ゴールドシップ強かったですねえ。ステイゴールドxマックイーンは走りますね。

福島牝馬で気になる血統は 8,13,16なんですがどうでしょうか・・・

過去の傾向をまとめてみました

続きを読む "福島牝馬Sなどなど" »

皐月賞などなど

ナイスネイチャー は覚えてますか?当時はどうでも良い存在でしたが最近は妙に懐かしく思います。3着ばっかり・・・・人生もそうなのかも・・・

とういうことで皐月賞

馬場もあってなかなか難しいですね。

さて明日は天候上がるも最終週だけにうち馬場はもう回復しないか?土曜は外が伸びてました。

展開

メイショウとゼロスでの逃げ争い。藤岡弟と川田。どちらも陣営から行けとでてますのでそれなりに逃げ争いがありそう。大逃げまではないでしょうが問題はゼロスの枠。外からがっといけば内にいる馬が外から蓋される感じに。外枠が絶対優位ではないでしょうか?外で先行が良さそうです。

同じように外優位での前哨戦が スプリングS。グランデッツアは引き続き絶好枠。ディーププリランテは厳しいところ引きました。

続きを読む "皐月賞などなど" »

桜花賞

桜花賞は ハナズゴールの回避は実に残念です。チューリップは実に強かったですねー

馬体重が少ないので次は要注意とブログでも書いたのですが、そんな感じですね。今年の出走馬を眺めると実に小柄なタイプが多いです。特にディープ産は小さい馬が多いですし、サンデー系が小さくなってきていますね。セントサイモンの悲劇がひょっとして近づいて居るのかもしれません。(早めに察知できれば儲け・・るかな?)

なのでJRA発表後の馬体重で調教後<前走レース時は今回ぶった切ります。

1人気ジョワドも対象・・(いいのか?)

でまずは展開

前走逃げはエイシンキンチョム。控えてもいいとのコメントもあること、と川田に乗り戻り。ひょっとして逃げるな指示もありそう。となれば外枠のアラフネが逃げになりますが前走はペースが遅くて前にでしたので、それほど固執しなそう。折り合い重視の牝馬だけに展開は遅め。切れ勝負の展開とみます。

◎エピセアローム

 小倉2S使った反動がやっと抜けた感じ。調教も動いており前に馬をおける今回弾ける

○ジェンティルドンナ

 前走チューリップでは熱発開け。内で進路なく左右探しまくっての4着。巻き返しで。

▲サウンドオブハート

 前走スローで切れた。55kgで勝ちは大きい

△メイショウスザンナ

 折り合いつきそう。

△ヴィルシーナ

 前で切れるなら。

こちらで

 

阪神牝馬Sなどなど

週中から風邪でなかなか治りませんです。

土曜メイン馬場はそろそろ内荒れつつで優位性がなくなってきてると見たほうが良いか?

極端に外差しという感じもなさそうもペースが重要そうですね。

NZ杯

毎年荒れるレース。例年Hペースでダート馬が来たりしてますが今年は・・・逃げ結構多いですね。逃げは2,4,6、10ですね。1番サドンストーム(ファルコンでは◎)も前走の行きぶりから前々に行きそう。Hペース+内やや荒れからして差し優位 

 

 ◎レオンビスティー

 ○ブライトライン 

 ▲セイクレットリーブ

 

 オリービンをどうするかでちょっと迷い。外枠の差し馬であれば買いたいところなんですが差し馬?というところも。枠からして中団あたりにいると思いますが。

 ちょっと嫌って

 △ヴィンテージイヤー 

阪神牝馬S

 こちらはフォーエバーマークの逃げっぷり次第になりそうですが控えて味がでるタイプでもなしなので行きそうで同系としてはカトルズリップスもおり流れは速くなりそう。 ですが阪急杯ほど早くはならなそう。が問題。あとG1馬2頭の取り扱いが問題。1400が合うのかどうがが焦点。

 

 ここは思い切って遊んでみます。

 ◎アンシェルブルー

 ○エイシンリターンズ

 ▲レディアルバローザ

 △スプリングサンダー

 

 

 

ダービー卿などなど

ドバイは残念な結果でした~ ねむい。

注目のスマートファルコンは スタート不利ありで惨敗。トランセンドもびったりマークで苦しいレースでしたね。全般的に先行優位な競馬場でした。

続きを読む "ダービー卿などなど" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ