« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ダービ展望

ダービはやはり楽しみですね~

 アイネスフウジン、サクラチヨノオー、ウィナーズサークルくらいのときは競馬場に行ってました。確かマークシートができたころくらいかな?

 自動読み込みではなくて受付処理だったような・・・

 30人くらい並んで馬券買ってましたね。

 

 アイネスとサクラのときが一番記憶に残ってますね。サクラはスターオーが亡くなった後のダービ。アイネスは感動の中野コールのとき。今年はどうでしょうか?

 

 

続きを読む "ダービ展望" »

オークス

スローになりそうなオークス。
スロー、高速馬場、内優位であれば
ヴェルシーナ優位であるのは疑いのないところ。
デイリー杯2Sでミッドサマーを子供扱い。またエリカ賞でヒストリカルを一蹴。
スローで内をこじ開ければの前提だが、ハナズゴールも瞬発力はピカイチ。
前走マイル使ったのが良いほうにでれば中団付けてくれれば期待は大だ。

◎ヴィルシーナ ○ハナズゴールド ▲アイムユアーズ △ジェンティルドンナ

だが・・・・どうしもでヴィルシーナは・・・ちょっとである。
注)だんだんしょうもなくなります・・・

理由は馬主 そう大魔神である。なりたて馬主でG1はまだ早い。(妬)のである。
それと気になるのがディープインパクトで距離はもつのか? という点

 ディープインパクトの重賞勝ち距離
  ~1600 7
  ~1800 5
  ~2000 3
  ~2200 1
 であり、G1は全て1600
 ダイワメジャーと比べてみると
  ~1200 1
  ~1600 3 あれ? 
 ハーツクライ
  ~1600 1
  ~2400 1
  ~3600 1
 うーむ という結果に。
 キングカメハメハを見てみると
  ~1200 4
  ~1600 8
  ~1800 4
  ~2000 5
  ~2200 2
  ~2400 7
  ~3600 1
  という具合。
  
 キングマンボの万能ぶりに比べるとディープの隔たりが大きい。

続きを読む "オークス" »

土曜新潟メイン特別(漢字がでません・・)は大荒れでしたねえ。

3着エイシンについては調教絶好調でしたので拾えるとして同着1位の2頭についてですが

ビラゴーティアラ 前走5着 コーナーで不利あり騎手立ち上がり

ナスザン コーナをすーと上がって行った後失速。空きがなかったか?(映像で確認できず)それとも追わず?

でした。ナスザンについては◎にするか散々悩んだんですが・・・・距離短縮も効いたようですね。

ではNHK杯

 

 焦点は1人気 カレンビラックヒルの取り扱い。 NZ杯馬はここ11年でエイシンツルギ以外は全滅で非常に相性悪いレースです。ここをどうするか?

 

 展開としては 逃げ不在。カレンが押し出されて前かも。このメンバーなら平均もしくはややスローに流れそうです。G1だけにスローまではいかないか?

 瞬発力が求められるレース。大外分回しはちょっときつそうですが・・・さてどうしょう。

 

  ◎レオアクティブ  1kg増で走ってきた経験がここに活きる

  ○ハナズゴール   ある程度ペース落ち着いて切れるタイプとみます。

  ▲ブライトライン   左は切れそう。

  △モンストール   内不利な時に①枠ばっかり。

  △シゲルスダチ   差し転向後は安定。

  カレンブラックヒルが残りそうですが資金もないので上記5頭で

 

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ