最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ジャパンカップ | トップページ | ステイヤーズS 考察編 »

JCの反省

 JCについては○→◎→X(△だったけ?)で一応の的中。予想でも書いたとおりオルフェを負かせる可能性ありはジェンテのみとしてましたのでまずまずのところでした。

 ただ、土曜に我軍の戦力は既に70%程減少しておりw あんまり・・・・ WIN5はWIN4まであったのですが何せ東京9Rが・・・逃げいねーと思いつつもヤマニンは気が回りませんでした。時計の早い馬場でラップ線形はちょっと面白いことになっています。

 本日からはPNGで公開してみます。

 

All

赤線が今年のJC。ラスト2F途中から1Fのラップはジェンティルドンナでしょうが後はビートブラックのラップ。ラップの弱点がいきなり露呈した形になっています。

上位4頭はラスト32秒台に対して、ビートは35秒ですから実際は瞬発戦なんですがこの線みると持続型になっていますね。日曜東京は高速馬場もあって上記を助長した可能性あります。(そういう意味では早く馬ごとのラップ公開してほしいところ)

上位3頭のJC以前での連帯時の線形は下記の通り

1_3
注目がローズSでの線形2F10.4秒で線形も一気に加速した瞬発線になっています。ここの部分はメンバー最速で、瞬発勝負であればオルフェを負かす可能性ありと判断したところです。(斤量の優位もありますね)

オルフェーブルといえば

2_2
同じく瞬発戦での実績あり。2F目で10.6のラップになっています。当然逃げ馬のラップですのでこれをもって単純比較とはいけませんがこの2頭が抜けていたのはこの部分。

そしてルーラは

3
こちらになります。数値うんぬんより上位2頭の傾斜がきつい(一気に加速)感じがでていますね。

オルフェ VS ジェンテ であれば瞬発はジェンテが上も タフなコースや馬場が渋るとオルフェに軍配があがると思います。有馬であればオルフェが上にくるでしょう。

この3頭に匹敵するのがエイシンフラッシュなのですが、やっかいな馬ですね。買うポイントが絞りつらいのが難点です。

名馬の特長としては、持続型(水平の線形)と瞬発型(一気に折曲がる)を共存しているところにありそうです。

« ジャパンカップ | トップページ | ステイヤーズS 考察編 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/56206196

この記事へのトラックバック一覧です: JCの反省:

« ジャパンカップ | トップページ | ステイヤーズS 考察編 »