« ステイヤーズS などなど | トップページ | JCD考察 »

ターコイズS考察

 ステイヤーズSはトウカイトリックでしたか・・・はあ。1,3着は適性ありそうも(3着馬はダートでしたが)近走嫌ってでした。

 長距離でスローでの捲りあいは先行勢に厳しいも後ろからじっとしていると届かずなのですので、動けるタイプと騎手を考慮する必要ありますね。3コーナ→4コーナで少しでも位置取りを上げるタイプが良さそうです。

 

 JCDについては阪神変わりと地方での戦歴を考慮しずらいということもあって明日はターコイズSが本線。といっても土曜に大幅資金源したので・・(毎週してるなー)

 まずは考察から

2008

All

極論するとレースの質は2パターン。スローでの瞬発力勝負か平均ペースのどちらかになりそうです。

2011年

2011
ピンクがターコイズの線形となります。2011年は平均ペース。ギンザボナンザはこういうペースが得意。3着のエオリアンハープは切れ勝負の方が適正高いでしょうが、何とかこなしての3着。いずれも馬も中団でのレース実績が多いですね。

2010年

2010
2010年はスローでの瞬発戦。後ろからでは勝負にならない展開でした。切れがある程度あって前でのレースができるタイプが台頭

2009年

2009
こんどは平均ペースでの戦い。2010年とはまるで傾向が違ってますね。でも後ろからは届かずは一緒。

2008年

2008_2

2008年は瞬発戦なのですが、3着ソーマジックが瞬発での連帯なし。中山得意なタイプでしたね。この3頭の組み合わせは難しいかな。

2007年

2007

2007年は平均ペース。2着ザレマを選べるかがポイントだったのかも。完全に格上でしたが、喜んで切って後で痛い目にあっています。

ということで比較的ペースを忠実に反映しているレースと言えそうで、格上馬の取り扱いには注意というところでしょうか。(1600-1800の実績は必須のようです)

« ステイヤーズS などなど | トップページ | JCD考察 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/56232176

この記事へのトラックバック一覧です: ターコイズS考察:

« ステイヤーズS などなど | トップページ | JCD考察 »

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ