最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 土曜重賞 | トップページ | 中日新聞杯などなど »

弥生賞

チューリップ賞は

抜◎▲○△の順・・・むなしい

勝ったクロフネなんとか(大変失礼!)は強かったですね。切れる脚ないかと思ったのですが、逃げ切り。前軽視で大外差し馬を買うのはスロー見込みレースでは大馬鹿でした。

で昨年は歓喜の的中をした弥生賞を

まずは過去の線形

All

こちらも典型的なスローのレースです。この時期のトライアルはほぼスローというのは毎年のことですね。コスモオオゾラのように瞬間的に切れる脚を使うタイプが良さそうです。同じ33秒台でもじりじり伸びるより急激なラップの変動があったほうがよさそうです。

では馬番1-3

13

トーセンワープなんていい感じなんですが、前走脚部不安だったようです。コディーノの東スポ杯はいいですね~

46
キズナ、マイネルクロップともにピュッと切れるというよりジリジリタイプに感じますね。そこがどうででるか?

79

ヘミングウェイがいい感じです。カミノタサハラもいい感じで茶色が前走東京、赤がホープフルSのもの。

1012
まず焦点のエピファイネイアなんですが・・・これジリジリのびタイプではないかと。もちろんキャリアの浅い馬たちだけに2戦で判断できるかということもあるのですが・・・同様なのがバットボーイ。

これに対してサトノネプチューンは新馬で切れ切れのレースをしてました。

まとめると

◎サトノネプチューン

○コディーノ

▲ヘミングウェイ

△カミノタハサラ

で行ってみますと思いましたが

◎コディーノ○ヘミングウェイ▲サトノにしてみます。

« 土曜重賞 | トップページ | 中日新聞杯などなど »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/56875225

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞:

« 土曜重賞 | トップページ | 中日新聞杯などなど »