« 2014皐月賞 | トップページ | 0426馬場の状況 »

2014皐月賞回顧

レースレベルが高そうと思ったのが・・・

第一位 毎日杯、共同通信杯、きさらぎ賞

第二位 弥生賞

第三位 アーリントンC

このレースの最も先着が

トーセンスターダム、イスラボニータ、ステファノス

トゥザワールド

ウィンフルブルーム

という結果に・・・・合ってたんだな~ここまでは

問題は馬の選択だったのですが・・・京都ぶった切れば・・・・

ということで反省を

皐月賞のラップ線形

2014satuki

形としてはロゴタイプのときと似てる感じ。ただし馬場差もありますが時計はd昨年のロゴタイプが優れています。途中12.7と緩んだラップとなっておりますね。

じゃあロゴタイプのときのダービーは?といえば

2着エピファネイヤが2着以外はロゴタイプが5着でキズナ(毎日杯)、アポロソニック(青葉賞2着)となっていますね。

何が言いたいのか・・・・というと レースレベルそのものはそれほど高くない。マイラーでも好走可能なラップだったと可能性が高そうです。

イスラボニータは フジキセキ x コジーン・・・・・って距離もつかな~というのが正直な感想。そもそも1600から徐々に距離延長していますので陣営そういう意識があったのかもしれません。母系からしても、そしてフジキセキ産駒自体マイルに良績あることからしてダービーは絶対に切りますw

トゥザワールドについてはキンカメxスペシャルウィークでエピファネイヤを彷彿する母系が超良血(エピファネイヤはシンボリクリスエスxシーザリオ、シーザリオはスペシャルウィーク)で距離は問題なさそう。ダービーは買いですね、

ウィンフルブルームはスペシャルウィークxサクラユタカオーなので母系からして距離はマイルくらいがよさそうです。*スペシャルウィークがここにも。

ワンアンドオンリーはハーツクライxタイキシャトル・・・で母系が距離怪しいですねー レースそのものは最内で好位につけれず最後じりじり伸びており坂苦にせずに駆け上がってますのでハーツが濃く出た感じでした。距離は問題なさそうですが・・・好位置とれないところはちょっとどうでしょう。ただジャスタウェイ、ウィンバリアシオンと今はノリノリですので無視はできないか?ジャスタウェイと距離範囲はひょっとして似ているのでは?と思っております。

ステファノスはディープインパクトxクロフネなので距離適性は・・・怪しそう。母系はマイルまでの感じですが・・・2000がぎりぎりの感じです。

大敗したトーセンスターダムはディープxエンドスイープ。エンドスイープxサンデーサイレンスでアドマイヤムーンがでており距離は大丈夫そうですがダービで巻き返しできるかはちょっと微妙。前目につけてじりじり失速はこの春はちょっと厳しいのではと思います。(成長まち?)

毎日杯のマイネルフロストはブラックタイドxグラスワンダー。距離的にはダービはまったく問題なし。

ということで上で名前を挙げた馬でダービーで買いたいのが

トゥザワールド

マイネルフロストw

ワンドオンリー

ですね。

« 2014皐月賞 | トップページ | 0426馬場の状況 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181979/59520337

この記事へのトラックバック一覧です: 2014皐月賞回顧:

« 2014皐月賞 | トップページ | 0426馬場の状況 »

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ